So-net無料ブログ作成
検索選択

認知症パート17 [認知症]

約2年ぶりの更新です。


実は、叔母ちゃん、本郷の老人保健施設に移ってすぐに、
特別養護老人ホームに入所出来ることになったのであります。

突然の移動でビックリしましたが、大変、助かりました。


介護5になった時点で、老人保健施設の人に勧められ
改めて特別養護老人ホームに申請し直しました。


特養では300人待ちと言われていたので諦めていたのですが、
入所出来る事になりました。これには、少し、カラクリがあるようです・・・・・・


特別養護老人ホームでも、人不足で大変なのです。
だから、入所してくる方の情報が大切なのです。

老人保健施設のほうで、日頃の介護状況、
施設内での本人の状態、特別養護老人ホームに入所出来るレベルなのか?

そう言う情報が、施設同士であるみたいです・・・・・・
逆を言えば、


いきなり特別養護老人ホームに入所することは難しいと言う事です・・・・・


介護5でも、自宅でお世話をしていた方などは
入所が難しいと言うことです。

一番大変な人たちが入所出来ない矛盾があるのです。
全ては、人手不足から来るのではないでしょうか?


叔母の入所した施設は全員が車椅子を使用しております。
全て何をするのも介助が必要なのです。

自分で動く事が出来ないので、歩き回る事はありません。
だから、最少人数で介護が可能なのです。

施設のグレードはかなり落ちますが、
ケアに関しては、以前と変わらないままです。


ありがたいことです。


あいかわらず、叔母は元気です!!
この前も久しぶりに顔を出したら・・・・


「帰れ!帰れ!!!」


と言われました・・・・・
施設の人も大笑い・・・・・

そんな強気な叔母が大好きです!!

毎日毎日、大変なお世話、
施設の方には本当に頭の下がる思いです。

介護はお金だけでは出来る職業ではありません。
人間性が最も出る職業だと思います。

先の見えない介護・・・・・・
自分達の生活までも変えてしまう可能性があります。


僕は、良く、人に相談されますが、
即決で施設に入れて下さいと言っています。

私たちに必要なのは、施設に掛かるお金を工面する事と
介護される人が、安全に快適に暮らせるようにすることです。

親を、施設に入れて可哀そうと言う人は介護をした事が無い人です。
介護は、専門の人に任せるのが、お互いにとっても一番良い方法だと思います。

親の介護が出来なくなり、いざ、施設を探そうとするときには、
もう既に手遅れです・・・・・

入る施設など何処にもありません・・・・・
皆さんも、早め早めの対応を・・・・・

これは、僕の経験談です・・・・・
勿論施設にはいっても家族みんなで協力していかなくては上手くいきません!!


周りに何を言われても、自分の生活が第一です・・・・・
それから、これからの事を考えましょう!!


本当に大変なんですよ!!!







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート16 [認知症]

介護5の叔母ちゃん・・・・・
この度、老人保健施設を移動する事になりました。


大丈夫か?


移動したら叔母ちゃん死んでしまうのでは・・・・・・
国の決まりなので仕方ありません・・・・

今度は本郷の老人保健施設に引っ越します。
それも、普通病棟・・・・・


叔母ちゃん・・・・大丈夫か?


自分一人では動けないので普通病棟でも問題ないんですが・・・・
不安は尽きません・・・・

移動の日、叔母ちゃんを車に乗せるのですが・・・・・
身体が硬直して車に乗せる事が出来ません・・・・

恐るべし・・・・介護5

やっとの事で車に乗せて次の老人保健施設に着きましたが
ここでも、降ろすのが大変でした。

硬直が半端ないので、今度は障害者専用タクシーを使わないといけないかもしれません。
ここまで進んでいたとは知りませんでした・・・・ショックです。

場所は変わっても叔母自身は変わりません!!
いつもの叔母ちゃんです!!頼もしい!!

しかし

認知症が進行しているのが心配です。
最近は食べ方さえ忘れてしまう事もあります。

噛んだり、飲んだりが出来なくなる時があります。
勿論、自分の手で口に入れる事もかなり困難です・・・・

叔母ちゃんを見ていると限りある体を
使い切ったなぁ・・・・と感じます。

老いと言えばそれまでですが・・・・・
手本を示してくれている様で・・・・凄いなぁと本当に思います。

そんな状態の叔母ですが、スタッフの方に・・・・

ありがとうの代りに「バカヤロー!!」と叫んだりします・・・・・
大したものです・・・・・尊敬します。

認知症が発症して約5年・・・・・
節目の年を迎えます。


そろそろ・・・お迎えが近いのかなぁ・・・・・・








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート15 [認知症]

老人保健施設に入所している叔母・・・・・
施設から介護認定の再申請を依頼される。

新潟に住所を置く叔母は新宿にいても
介護認定は新潟で行われます。

面倒くさいですが新宿の介護認定員が代理で行います。
最近、歩けなくなったからなぁ・・・・・・・


通知がきました・・・・・・


叔母ちゃん・・・・・・介護5
最高値・・・・・・


そんなに酷かったのねぇ・・・・・
家族はちょくちょく会っているから分からないものです。

確かに歩けなくなりました・・・・・
確かに会話も厳しい時もあります。
確かにトイレは自分で行けません。
確かに自分でご飯を食べるのに厳しい時もあります。


あっという間の出来事だったのでここまで進んでいたとは・・・・・
介護5と言えば、特別養護老人ホームに入所出来る可能性が出てきました。

でも、ここで施設を変えてしまうと
叔母ちゃん死んじゃいそうです・・・・・・

出来れば、今のままの環境が良いので
ずっと居させてあげたいです。

頑張って生きている叔母!!
食欲旺盛!!

まだまだ大丈夫!!


介護5になっても元気です!!







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート14 [認知症]

認知症の叔母ちゃん・・・・
とうとう歩けなくなってしまいました。

仕方ないと言えば、それまでですが・・・・
残念です・・・・

でも、叔母の頭の中では歩けるのです。
それは嘘ではなく、真実だと思います。


施設の中は賑やかです。
施設の扉を開けて叔母ちゃんに逢いに行くまで・・・


「〇〇・・・」必ず息子に間違えられます。
医者に間違えられることも多数・・・・・

「ご苦労様です・・・・」と言われるので
「ありがとうございます・・・」と僕は返す。

ある時は・・・・・

「誰か?助けてください!」とトイレから出たお婆ちゃんが僕に言う

大丈夫ですよと声を掛けて理由を聞くと・・・
お婆ちゃん・・・・手にパンツを持っていた・・・・

脱いで履き方が分からず・・・
でもパンツを手に持っている事はおかしいと分かって助けを呼んだのです。

あるお婆ちゃんは・・・・・
「あんた・・・良い男ねぇ・・・」

認知症患者であることが悲しい・・・
俺は施設内では二枚目らしい・・・・

スタッフさんには頭が下がります。
本当に大変だと思います。

皆さん良い方達ばかりです。


食欲だけはある叔母・・・・・
ビスケットを顎に当てて口に入らないお茶目な叔母・・・

もう、歩く事は難しいかもしれませんが・・・


ゆっくり生きていきましょう!!








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート13 [認知症]

この度、認知症の叔母が施設内で引っ越しをしました。
介護認定2の叔母は比較的軽い病棟にいました。

そこは軽い認知症の方と、歩行困難な方とが一緒に過ごす病棟でした。
比較的、自由度が高く、洗濯物なんかも本人に任していました。

何をするのも本人任せの所があり、
叔母にとっては快適な場所でありました。

しかし・・・・・

叔母の認知症が進み、歩行が困難な事も重なり
この度、重度認知症病棟に引っ越しになりました。

今度の病棟は自由度がかなり少ない。
ロッカーは全て鍵がかかり

叔母の病棟に行くのに2重3重の扉を通っていきます。
叔母の移動は車椅子になっていました・・・・・・

明らかに弱ってきております・・・・・・
叔母は車椅子を押す力がありません。

移動は人の力がないと出来ません。
文句を言うと思ったら・・・・・

「ここは、便利ね・・・・」
「こんな良い施設はないね・・・・」

すっかり弱気な叔母・・・・・
認知症も進んでおります。

僕の名前は「まあくん」しかわかりません。
家の奥さんは抹消されております。

僕は、奥さんのお母さんの旦那だと思われています。
まあ、そんな事は良いのですが・・・・

差し入れにプリンを持って行った時、
叔母はプリンの食べ方が分からなかった・・・・・

スプーンを使って、口に入れる事が分からなかったのです。


「これ、どうやって食べるの?」

「多分、スプーン使って口に入れれば良いんじゃない?」

「おいしいね・・・・」


この前はサンドウィッチを吸っていた。
飲み物と間違えたらしい・・・・・

コーヒーが重たくて持てない・・・・・


「これどうやって飲むの?」


飲み方も忘れてしまった。
認知症が進んだと言うより

身体の全ての機能が低下しているようです。
ちょっと心配です・・・・・・

重度認知症病棟はチョッピリ刺激的です・・・・・
口では言えないのですが、スタッフさんに頭が下がります。

それぞれ個性的な方が多く・・・・

いつもニコニコしている方、物を探しているかた、
ひたすら歩いている方、色々な方にお礼を言う方・・・・

結構健康な方が多い・・・・ちょっとビックリ・・・・
明らかに、今までの病棟と違うので家族はドン引きです・・・・・

叔母が快適に過ごせれば良いのですが
叔母の体は限界に近づいているようです・・・・・

僕は、叔母を尊敬しております。
多少、偏屈な所はありますが

優しく、ウィットに飛んでいて
決して泣き言を言わないし冗談が通じるスーパーおばあちゃん!!


おばちゃん!!

これから色々あると思うけど叔母ちゃんにとって
一番良い選択が出来るように頑張るからね・・・・・



おばちゃん!呆け勝ち!!

おばちゃんに幸あれ!!














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート12 [認知症]

春になりました・・・・・・


認知症の叔母に変化が・・・・・・
誰も追いつけないほど認知症が進んでおります。

歩行も困難になってきました。
幻覚も見えるみたいです。

奇行も目立ちます・・・・
会話するのも結構大変そうです・・・・・


・・・でも・・・・・・・


一番問題なのは弱ってきたことです。
少しやせてきました・・・・・・

最近は外出も厳しくなってきております。
歩行器を使用して歩くのも大変です。

唯一の救いは食欲があることです・・・・・・
眠っている時間も長くなってきました。

奇行をカバーしてくれるヘルパーさんには感謝感謝です・・・・・
本当にいつもありがとうございます。

叔母は一生懸命生きております。
泣き言を一度も言ったことが無いのです・・・・

凄いことです・・・・・



叔母  「最近どうも調子が悪いのよ・・・・」


確かに見た目にも悪そうです・・・・・


叔母  「なんでこんなに動けないんだろ?」

僕   「叔母ちゃん・・・・・・寿命だよ・・・」


叔母、食べていたどら焼きを吐きそうになりながら笑っています。
叔母は冗談が効く人なので助かります・・・・

でも、近い将来、叔母とのさよならを覚悟しないといけません。


・・・・さみしいです・・・・・


認知症の叔母自身も何となく自覚しているみたいです。
叔母の生き方は尊敬に値します。

本当に出会えて良かったと思います。

明らかに違う世界に旅立とうとしています。
今まで元気だったので今度は自分達が叔母との別れを意識しないといけません・・・・・

叔母との一日一日を大切にしたいと思います。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金持ちも貧乏人も・・・・・・ [認知症]

バイトで桁外れのお金持ちに接する事がある。
誰もが羨む大金持ちである。

・・・・しかし・・・・

金持ちも金持ちなりの悩みがある・・・・・

特に、親が認知症になった場合・・・・・
お金があるから高級施設に入れれば良いと考えがちだが・・・・

相手は人間・・・・・・
そんな簡単に入所する訳はない・・・・

お金があっても認知症患者が嫌がるので
結局、自分たちが面倒を見なくてはいけない・・・・

お金持ちの家庭で認知症の親を面倒見ている所が結構多い・・・・
これは、大変である・・・・・・

認知症の患者と一日中一緒にいたら・・・・・
大変なストレスを伴うことになるでしょう。

認知症患者は日常生活に支障が出ている事に気が付いていない。
だから部屋がどんどん汚れていく・・・・・

ペットと同居している場合は、もっと施設に入所するのは困難です。
ペットの世話をしきれないので、家が大変なことに・・・・

そんな状況を聞いていて・・・・

お金持ちも貧乏人も一緒だなぁ・・・・
とつくづく思いました。

と言うより

お金があっても駄目なんだなぁと痛切に思った出来事でした。
皆さん・・・・・一歩一歩進んでいくしかないんです。

僕は、

「ご自宅でガスを使用しているのは危険です。
そのうち電化製品が使えなくなりますから気を付けてください。」

「早いうちに施設を探すことをお勧めします。」
「認知症が進むと入所できなくなります。」


としか言えなかった。

奥様の苦悩の顔が印象的で・・・・
良い方向に行くことを祈ります・・・・

大変な世の中になってきたものです・・・・・


頑張れ!認知症!!

踏ん張れ!家族!!








nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート11 [認知症]

季節の変わり目でしょうか?

叔母ちゃんボケが加速してます。
あまりに鋭い加速に置いてけぼりです。

毎週2回通っているのに・・・・・・

「まあくん・・・1ヶ月ぶりね!!」

まあ良いです・・・・
健康なら・・・・

「叔母ちゃん!調子悪いところない?」と尋ねると・・・・

恥ずかしそうな顔をして・・・・・

「あそこ・・・・・」

「確かにそうだね・・・・・」

「まあくん、私のはオネショじゃなくて・・・・・えぇーと?」

としばらく叔母考える。

「あっ!分かった!失禁っていうのよ!!」

叔母最高な笑顔で僕に言う・・・・・

「まあ・・・確かにどちらも漏らしていることに・・・・うん・・・」

「まあ、調子が悪いときはトレーニングパンツはいてください。」

・・・・・・老人も大変である・・・・・


この前は、僕の名前を忘れた・・・・・・
と言うより・・・・・ちょっとかすっていた。

ある時は手紙にM君と書いていた。
どうやら僕の事らしい。

一番驚いたのは、一週間に一度は通っているレストランで・・・・・・

「ここは初めての場所よね・・・・・」

良く見るドラマのワンシーンみたいで衝撃が走りました。
でも、叔母にはもう初めての場所なのです・・・・・

「叔母ちゃん・・・・何時もの場所だよ」

「こんな場所だった?」

「叔母ちゃんは何時も新鮮に感じてて良いね!!」

「へ・へ・へ・へ・・・・・・」と可愛く笑う・・・・・


でも必死に歩く叔母を見ていると
何か神々しいものを感じます。

現実・・・・身内が認知症になると在宅介護を最初は選択するでしょう・・・・
でも、認知症は突然進みます・・・・・

だから、いざ身内で看病が出来なくなった時に
施設を探そうとすると何処も入る所はありません。

重い認知症患者は老人保健施設に入所できません。
だから、早いうちに施設を探すことをお勧めします。

一番困った人が利用できないのが今の認知症患者の現実です。
家の場合でも入所するのに半年掛かりました。

お金は掛かりますが、色々控除出来る事があります。
手遅れにならないうちに手続きを・・・・・

一度入ってしまえば出されることはありません。
少しづつ認知症が進むんでも施設の方は対応してくれます。

だから、そうなる前に
早め早めの対応です。

これは認知症患者にとっても負担がへるし
家族にとっても負担が減ります。

お金の負担は増えますが心の負担は減ります
だから皆さん手遅れにならない内に入所準備を・・・・

冷たい対応かもしれませんが
先の事を考えてください・・・・

5年10年続く可能性もあります。
家はもう丸2年たちました。

僕たちは本当に施設に入所出来て助かりました。
色々トラブルはありますが、患者の不安を取り除いてあげることが一番だと思います。

一番、必要な時に助けてもらえないのが
今の国の現状です。

入所探しも全て自分でやらなければなりません。
身体と時間と心に余裕があるうちに

どうか、次の一手を進めてください。

これは、全ての人に言えることです。
明日から、介護は突然始まるかも知れないのです。



蓋を開けてみたら・・・・・・


・・・・介護がはじまった・・・・・





本当にそんな感じでした・・・・・・
















nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート10 [認知症]

老人保健施設に入所している叔母・・・・・
最近は呆けが加速している・・・・

昨日からご飯たべてないのよ! 
お腹空いて死にそうよ・・・・・・ちょっと何か食べる物持ってきて!


こっちが先に死にそうです・・・・・


綺麗好きなのは良いのですが・・・・・
洗濯物が半端なく多い・・・・・

最低一日2回着替えるみたいです。
そして粗相すると一日3回分の洗濯物が出る。

2日でとんでもない量になる・・・・・
すげぇぜ!叔母ちゃん・・・・・

3日でパンツ11枚使うのって大変だよね?

夜中に突然人がやってきて着替えさすのよ・・・・・と叔母は言う・・・
施設の人は迅速に叔母の粗相をカバーしてくれる。

頭の下がる思いです。
叔母は粗相していることに気付いていないみたいです。

でも、食事を一生懸命している叔母をみると・・・・
歩行器で一生懸命歩いている後姿をみていると・・・・

何故か、一生懸命生きている叔母に敬意を感じてしまう。


叔母と二人で缶コーヒーを飲みながら
持ってきたチョコレートを差し出すと・・・・・美味しそうに食べてくれる。

このチョコアメリカ製だね!甘さが違う!
高級品だね・・・・・

甘すぎて俺には食べられない・・・・

まあくんの歩く速さと私の歩く速さはそんなにちがうのかなぁ?
なんでこんなに差が開くのかなぁ・・・・

けっこう一言一言が可愛い叔母!
呆けてはいるが会話はウィットに飛んでいる!

普通のおばあちゃんじゃなくて助かった。
叔母はロックを愛している。

人生ロックだと思っている節もある・・・・・

生きるって大変な事だけど
叔母をみていると尊敬してしまいます。



出来れば歩けるうちに叔母には亡くなってほしい・・・・・
寝たきりになる前に・・・・・・

自分の尊厳が守れるうちに・・・・・


どうか神様・・・・・


叔母に大変な試練を与えないでください・・・・・・



お願いします。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症パート9 [認知症]

おばが老人保健施設に入所して一年・・・・
・・・・・早いものです・・・・・

最近、寒いせいか、まだらボケが激しい・・・
ヒドイ時は、服装と髪の毛が偉い事になっている。

好きにさせている施設も、なかなかのものです。
自立を促しているらしい・・・・

・・・人手が足りないんだろうなぁ・・・・

でも、おばには、合っているみたいです。
ヘルパーさんが注意すると怒るらしい・・・・困ったものです。

施設内で、おばを探すとき
「姫いますか?」で認知されている所が、おばらしい!

この前、面会に行った時、おばは激怒していた。
その理由はお菓子が食べたいと言う事だった。

確かに、お菓子を食べたいときに、食べれないのはストレスである・・・・
でも、施設は、持ち込み禁止・・・

・・困った・・・

そこで、おばのハンドバックの中に、大量のお菓子を投入・・・・
・・・ポイントは、一個一個包装されたものを選ぶ・・・

おばには、見つかったら、没収されるから、隠れて食べるようにと、説得
・・・・こう言う時は、ボケが直る・・・・

おばの、含み笑いを見ていると、結構元気なのかもしれない・・・・
この次は、板前のいる寿司屋に行きたいと・・・・

おばちゃん・・・・本当にぼけているのかい?

最近は、字も書けるようになり、
手紙なんかも、文面がしっかりしている。

食べることに意欲があるうちは大丈夫でしょう!
怒る行為も、エネルギーがなければ出来ないこと・・・

誕生日の近い、おばに、今度何歳になるのと聞いてみたら・・・
「分からない」・・・・おばちゃん正解です!

女性に年齢を聞くのは失礼だよね!
しばらくして・・・「多分、80歳くらい・・・・」と答える・・・・

だいたい合ってます。
女性なら少しくらいサバよまなきゃね!

とにかく、元気なおばでした・・・・・





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。